高調波フィルタ

モータ力率改善用コンデンサ

モータ(低圧)力率改善用コンデンサ

電力需要家は、電力供給会社との力率値の契約確認が受電端で行われるために、慣例として力率改善機器は受電端に設置されています。この結果、力率改善機器は受電端での一括した電力を対象としているために大容量となり、高価な機器から構成されることになります。

◆力率改善機器を受電端で行う場合・・・受電端から負荷までは低力率が維持され、電流が(無効電流を伴うために)大きくなります。この結果、受電端等で使用される変圧器の容量の増加や、電線の導体損失が大きくなります。

◆対策のご提案・・・個々の負荷端で力率改善用コンデンサを設置することを推奨します。
この結果、受電端から負荷までの電流は有効電流のみとなり、変圧器容量や電線サイズが小さくなります。また個別の力率改善は、その負荷の無効電力分をコンデンサから供給するのみで良いことから、臨機な負荷増設が実施しやすくなり省エネ、温暖化対策としても貢献が可能となります
ページトップ