汎用インバータ用 高調波抑制フィルタ PHFシリーズ

高調波問題で
こんなお悩みはありませんか?

ニシテイが、高調波問題について
総合的にサポートします!

高調波問題の解決には
PHF高調波フィルタ!

高調波問題対策には様々な種類がありますが、PHF高調波フィルタは

第5次~第25次までの高調波電流(6n±1)を全て低減させます。

対策機器 PHF高調波フィルタ ラインリアクトル 5次同調フィルタ 12or18相整流器 アクティブフィルタ
配置
電流波形
電流ひずみ率 5% or 10%
THD-I
35% or 45%
THD-I
15% or 25%
THD-I
5% or 10%
THD-I
5%
THD-I
製品外観

※表内をスワイプしてご覧ください。

高調波抑制対策ガイドラインを
容易にクリアするレベルに!

高調波問題の解決は(株)ニシテイにお任せください!

お気軽にお問い合わせください。

〒806-0011 北九州市八幡西区紅梅2-1-1

PHF高調波フィルタが
需要家のみなさまに選ばれる3つ理由

❶ 高調波抑制対策ガイドラインに対応

インバータ入力側高調波電流の歪みを大幅に改善

高調波抑制対策ガイドラインから見た比較

高調波抑制
対策の種類
電流歪率
(%)
Ki値
(指標値)
リアクトルなし 78 3.4
リアクトルあり
(交流側)
42 1.8
リアクトルあり
(直流側)
35 1.8
リアクトルあり
(交流側・直流側)
31 1.4
PHF高調波フィルタ
(KS形)
6 0.4
PHF高調波フィルタ
(KB形)
8 0.5

高調波流出電流計算書作成に
効果的です!

高調波流出電流計算書について

  • 需要家が、新設、増設、更新する場合に作成します。
  • 受電電圧(kV)、契約電力(kW)、機器定格容量(kVA)、設置台数、回路分類、機器最大稼働率(%)を基に計算書を作成します。
  • 高調波フィルタの回路区分は「10」。第5次~第25次までの各高調波次数をカバーしています。

高調波流出電流計算書の例

ご要望に沿い、ベストな高調波フィルタを
選定して計算書を作成します!

❷ 現場に応じた選定が容易に行えます!

選定例

①電源電圧、周波数は?

200V、50Hz

②モータの全負荷電流値(A)は?

180A

③インバータのDCLの有無は?

DCL有り= KB形

※DCL無しの場合はKS形

選定は、「PHF0045KW235KB」

❸ 幅広いラインナップを標準化!

200Vクラス 400Vクラス
4kW ~ 150kW 18.5kW ~ 380kW

周波数は、50Hz 60Hz の両方を準備しています!

屋外盤や屋内盤での製作も出来ます!

コンピュータシミュレーションを用いた波形予測も可能です!

事例のご紹介

使用例 1

説 明

インバータ入力を集約し接続する事で、高調波フィルタの設置台数を削減しつつ高調波対策ができます。

例)400V級の総容量1050KWに対し、インバータで駆動している負荷を合わせた630KWのPHFを1台設置する事ができます。

メリット 複数台のインバータを1台のPHFで賄えるため、省スペース・低コストになります。

使用例 2

説 明

高調波フィルタを設置する事により発電機へ流入する等価逆相電流は、JEM-1354,JEM-1435等で規定されている発電機の逆相耐量「15%以下」を下回るため、負荷と同容量の発電機にて賄うことが出来ます。

※負荷始動電流などにより発電機容量は変化しますので、選定にあたっては発電機メーカーにお問い合せ下さい。

メリット 発電機の容量を抑えられるため、コスト及びスペース削減となります。

このような場面での高調波対策に!

コンプレッサー用、空調用、送風機用、 集塵機用、発電機用 など

高調波問題の解決は(株)ニシテイにお任せください!

お気軽にお問い合わせください。

〒806-0011 北九州市八幡西区紅梅2-1-1

会社概要

当社は、1953年より金属抵抗器の開発に着手し、この道一筋に研鑽を重ねてきました。1965年にVシリーズ抵抗素子で特許を取得して以来、各大手重電機メーカー・造機メーカーでご好評を得ており、永年にわたる採用をいただいております。その後も抵抗器における顧客の増大やインバータの登場など、ニーズの多様化・変化にも対応して参りました。近年はワイヤハーネス・電源品質改善機器分野など、抵抗器に留まらない新ビジネスにも参入いたしました。そこで、社名を「ニシテイ」と改め、更なる発展を期しています。

会社名 株式会社ニシテイ
設立 1945年10月
資本金 4,105万円
代表者 取締役社長 三藤伸一
従業員数 114名
本社・営業所

【本社・九州営業所】
〒806-0011 北九州市八幡西区紅梅2-1-1
TEL(093)631-4131

【大阪営業所】
〒532-0011 大阪市淀川区西中島6-2-3
第7地産ビル305号
TEL(06)6304-5519

【東京営業所】
〒359-0021 埼玉県所沢市東所沢1-28-23
TEL(04)2944-0201